3年後の自分の未来を描く

コツコツ何かをやっていくというのはすごく大変なことです。
どんなに簡単なことでもそれを続けるというのはとても困難です。

受験勉強だったり、筋肉をつける為のトレーニングだったり、貯金だったり…。
気分が乗っている時は簡単なことでも、これを毎日続けるというのはやっぱり大変です。人間は本能的に怠ける生き物ですからね。

それに、コツコツ続けて効果が出るものというのは、すぐに効果を得ることが出来ない為に継続することが難しかったりもします。

そんな時、こう考えてみてはどうでしょうか。
3年後の自分はどうなっているか、またはどうなっていたいか。

今やっていることは明日や明後日、または一ヵ月や三カ月程度では大きな対価を得ることは出来ません。しかし、それが三年もの長い月日になるとものすごく大きな対価として得ることが出来ると思います。

継続は力なりという言葉がありますが、まさにその通りで、継続に勝るものはないと言っても過言ではないと思います。毎日コツコツ続けることは本当に難しいです。そんな時は三年後の自分を想像して下さい。

そこにきっと答えがあると思います。

ブログのタイトルになっている先を見越して行動をするという意味合いとは少しずれているのかもしれませんが、先を見越すという意味では今のうちからコツコツと何かをはじめるというのは理にかなっているのではないでしょうか。

口で言うほど継続するということは簡単ではありません。
むしろ、継続することが出来れば何でもうまくいくと言っても良いのではないでしょうか。

数年後の自分を描いてみて下さい。
どんな風になりたいかを日々想像しながら、
目の前にあることをコツコツとこなしていくことが大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加